ちいかめのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS わが心のペリーヌ「鶴ひろみさんへの追悼」

<<   作成日時 : 2017/11/22 14:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 91 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


先日、声優の鶴ひろみさんが亡くなりました。

死因は運転中の大動脈瘤解離ということで、突然のようでしたが。

鶴ひろみさんといえば、有名なところではアンパンマンのドキンちゃんの声で

おなじみのようですが、

わたしにとってはカルピス子ども名作劇場というアニメ番組の「ペリーヌ物語」の

主人公ペリーヌの声で思い出されます。

画像


このカルピス名作劇場という番組では、主に小学校図書館の書棚に並ぶ、

子供のために編纂されている、世界の児童文学シリーズの物語が

扱われており、目立った作品では「アルプスの少女ハイジ」や

「母を訪ねて三千里」が日本中のお茶の間で感動を呼び起こしました。

しかしわたしにとって「ペリーヌ物語」は学校や家族からでは学べない

多くのことを教えてくれた番組でした。


カルピス名作劇場はNHKの日曜8時の大河ドラマ同様、1年に一晩組50と数話で構成され、

放送終了後も他のチャンネルで何度も再放送され、わたしはこのシリーズ番組を

10代から20代にかけて何度も何度も視聴しました。


物語は写真撮影を生業にする両親とともに旅をする少女が、

両親を亡くし、大きな織物工場を経営する名士である祖父を頼ってボスニアからフランスへ赴き、

工場で働きながら自分の力で祖父の秘書にまで上り詰め、祖父に孫娘として認められる物語。

画像


しかし祖父は息子であるペリーヌの父親の結婚を認めておらず、

側に仕えながら自分や母親への憎しみを知り、

また、後継者の座を狙って跳梁する叔父や工場の役人たちの思惑の中で

悲しみと不安に揺れる毎日。


画像


そんな中でペリーヌは自分の素性を押し隠し、賢く誠実な人柄で味方を増やしていきます。


ハイジやマルコのようにあまり感情を表に出すような演出もなく、

アニメの初めの数話は少々退屈で頼りない物語の出だし。

病弱な母親、あてのない旅で面白みを感じませんでしたが、

自分と同じ女の子が長旅をするという内容が当時大人になりかけのわたしを引き付け、

旅の途中やフランスに入ってからも自分を取り巻く大人の事情の中で、

冷遇され危険な目に遭うたび、落ち着いて行動するペリーヌの姿が、

自分にはまぶしく、こんな女性になりたいと心から願って何度も何度も再放送を視聴しました。


小学校の図書館で読んでみもしなかった「家なき少女」が、

これほどまでに大人になろうとしていたわたしの指針になってくれるとは。

祖父の工場のある街に着いて宿泊するだけの所持金もなく、森の狩猟小屋で飼い犬との暮らしの中、

工場でのわずかな給金から自分の下着や紐靴を手作りするペリーヌに見習い、

ただ今サンバイザーを自作中です。


額縁を作ったときに余ったアクリル板と家にあった金属板、

母の古い和服をほどいて作ってますが、最後までできるといいけど

画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 91
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは(*^o^*)
カルピス子供劇場は私も大好きで見てました。
ペリーヌは見ましたが すっかりあらすじを忘れ ちいかめさんの解説を読んで 思い起こしてました。
主題歌はバッチリ歌えますよ(^_^)v
鶴さんはペリーヌの声優さんでしたか。
またカルピス子供劇場やればいいのに…今の時代じゃ見てもらえないですかね…
サンバイザー 頑張って完成させて下さいね〜!
いつも気持玉&コメントありがとうございますm(_ _)m
私も気を付けますが ちいかめさんも風邪などにご注意下さいね〜(^◇^)┛

にゃーちゃん
2017/11/23 15:51
鶴ひろみさんがお亡くなりになった事は、TVの報道番組で知りましたが、声優さんの事は、殆ど知らなくて、ドキンちゃんの声の方だと知って、「そうやったんや」と驚いた程度でした。
でも、高速運転中に急変し、ハザードを点灯して停車していた事には驚きました。
さらに驚いた事には、解説の方は、「この病状は突然やってきて、とても、冷静に対応できる状態ではない」との事でしたので、彼女の対応力、精神力、意志力はスゴイと思いました。

「ペリーヌ物語」は見てませんが…
でも、ちいかめさんが影響を受けたという、このアニメを見たいと思ってチェックしたら、YouTubeで、ちょこっとありました。

第一話があったのでそれを見てみました。
お父さんが亡くなって、お母さんと、馬車ハウスで、ボスニアからフランスへ、1000km以上の旅に立つところ。
悲しみに打ちひしがれているお母さんを元気付けながらも、旅の途中、丘の上から、ここを越えるとお父さんのお墓が見えなくなると涙するペリーヌ。
母に、写真業を提案するが、到着した村では人が集まらず、ペリーヌのアイデアで、母がインド衣装を身に付け、人を集め、写真の仕事を貰い、なんとか、一話は無事に終わる。

「アニメの初めの数話は…」と書かれてますが、ボク的には、この一話だけでも感動で涙がポロ…(^^ゞ
まだ、13歳やのに…
とても頭のイイ前向きな女の子なんや。
ちいかめさんの「あらすじ」と、この第一話で、この先、最後まで見たいと思いました。
不思議な事に…
ペリーヌと、ちいかめさんがダブりました。

自作のサンバイザー…
ちいかめさん、器用やし創作力があるし、自作でやっちゃってる事が多いから大丈夫ですよ。(^^)
ガンバレ!
yoppy702
2017/11/23 19:17
こんにちわにゃーちゃん、いらっしゃいませ!
カルピス子ども劇場、いつもかじりつきでした。
今思うとガキだな〜って思うけど、わたしはテレビっ子でしたね。好きなアニメ番組ははずさない!
ペリーヌの主題歌、わたしも歌えますが、1番歌い終わって2番目に入ると、ぐっと涙がこみ上げちゃって歌えないんです。一人で悲しみをこらえるペリーヌの気持ちを考えると。
でもアニメはどんどん複雑な方向へ多様化してしまって、カルピス子ども劇場が懐かしいです。
技術が進んでも伝えるものがなければと思います

寒くなってきましたね、わたしはこの期に及んでバイトのことですったもんだやってます。
なかなか世の中しっくりこないもので、でもがんばります^^
ちいかめ
2017/11/24 21:31
yoppyさんいらっしゃいませ!^^✨

「ペリーヌ物語」第一話観てくださったんですね。yoppyさんならきっと気に入るはずです。とても気持ちをやさしくしてくれるきめ細やかな表現に満ちているアニメです。
どうか最終話まで見ていただきたいです。

youtubeでの閲覧に限界があるなら、レンタルDVDでも観られるはずです。
当時、ヨーロッパ近代史の情勢には疎くて、ペリーヌ親子が政治情勢的に不安定な東欧地帯を渡っているとはわからなくて、物語を理解できていないところもありましたが、ペリーヌその他の登場人物が人の心の端々を丁寧に受け取る大切さを教えてくれ、ともすれば行動的に粗暴になりがちな若い日に、傷ついても傷つき返すことが必ずしも解決にはつながらず、遠のくばかりなのだと知りました。

また自分に叶えたい望みがあっても状況が困難な場合、押し隠して頃合いを見る思慮深さ、しかしながら相手の悪意や作為に屈することなく、幸せが来ると信じる心が大事なのだと考えさせられました。
世の中はなかなか物語のようには行かないけれど、転んでもまた光に向かって進みたいですね^^✨
ちいかめ
2017/11/24 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
わが心のペリーヌ「鶴ひろみさんへの追悼」 ちいかめのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる