ちいかめのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 風景画学習ノート・画用筆ファンとの出会い

<<   作成日時 : 2018/05/01 08:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 56 / トラックバック 0 / コメント 8

画像



ちょっと見にくい画像ですが、制作中のP30水彩作品です。

何と3年ほども前に描き始めたのですが、2年程ほったらかしてありました



理由は大きすぎて、水彩筆で描いてはいるのですが、

普通の筆だけではどうにもならないところがあって、

描けば描くほど画質がボケてゆくようで、今一歩踏み込めないでいました。


絵の師範に相談すればいいアドバイスをもらえるのでしょうが、

経済的にそれはできないことなので、自分で突破口を探すしかありません。

突破口が見つからなきゃこの作品は自分には縁のないこととあきらめる。

そんな心持ちでわたしは数点の作品を同時進行しているのです

お金で苦しみたくないし、解決方法を見つけることができた時、楽しい達成感が待っているからです。

画像


上の3本の筆は「ファン(扇形)」と呼ばれる画用筆です。

この筆には用途にいくつかの特徴があって、

そのうちの一つ、風景制作時、特に木々の描画表現に優れていることを

最近、facebookというSNSサイトの「絵画制作テクニック動画」で視聴しました。

動画の中の画家の方はこの筆の扇形の先に黄緑色の絵の具をつけて、

それを緑に塗られたスペースに、瓦を重ねるように連ねて描くと、

木々がこんもりと折り重なって萌え盛る様子をあっという間に描いてゆくのです。

画像


すっかり目からうろこで、わたしは早速この筆を水彩、油彩用に3本揃えました✨

上の画像の描き方は不透明画材の場合の描き方ですが、

(不透明画材とは粒子の荒い遮蔽力のある絵の具で、1度塗られた絵の具の上に新しい色を塗ることができるタイプです・水彩、アクリルにありますが、油彩では透明・不透明の絵の具を併用します)

透明水彩等の場合でもこの筆は有効で、筆穂を横にして優しく打ち付けるように描くと

太陽光線を少しでも受けようと懸命に伸びる枝葉の広がりや重なりを

表現できるようです🌹


このファン(扇形)の筆穂に絵の具をグラデーションにつけて、

それをランダムに振るうことで、絵の具が画面上に偶然に醸し出す効果を狙うのも楽しいです^^✨

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 56
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。
水彩でP30ですか、すごいですね。
私は技法も画筆のこだわりもなく専ら自己流で描いてます。
頑張って完成させてください。
tamachan
2018/05/01 10:26
tamachanさん、ありがとうございます^^
今年こそこの作品、完成させて見せますよ💪✨
ちいかめ
2018/05/01 14:51
なるほど…
通常の筆では、大きくなると、作家さんの意図しようする表現が描けない箇所が出てくるんですね。
描いている時に「OK」と思っていても、P30の大きさになると、全体を見るには離れなきゃならないから、「OK」と思っていたのが「NG」になる可能性もありますね。
見る位置で、どのように目に映るかも考慮しなきゃいけないから大変や。

今の時代ですと、お道具は、色々とあると思うから、ちいかめさんの意図にあった物は、存在する可能性が高いと思います。
なので、2年程放っておいても、ある物で、「これでイイや」と妥協しようとしなかったのは素晴らしいと思いますよ。

どんな事でも同じでしょうが…
思いと工夫は必要やし、その為には、それに合った道具があるかないかで、出来上がりも作業効率も違ってきます。
その道具を探すのも楽しい事やと思います。
自分の思惑通りに作れる道具が見つかると、目的より、それだけでハッピーな気持になってしまったり。
それに、どうしても見つからない時は、自作しようとしたりもするでしょ?

お師匠さんに聞くのは簡単かもしれないけど、どのようにすれば良いのか?を考える事が大切やと思います。
ちいかめさんやったら、巨匠の絵を見る時は、細部のテクニックにも注目するんとちゃいます?
表現だけでなく、「これは、どんな方法で描いてるんやろ?」と思ったりするんとちゃいます?
その時が進歩の一歩。
そして、自分で試す、工夫する事で進歩が二歩、三歩…
♪ 三歩進んで、二歩さがる。
人生は ワン・ツー・パンチ
汗かき べそかき 歩こうよ ♪
あれ?脱線しちゃった。(^^ゞ
yoppy702
2018/05/02 12:04
yoppyさん、こんにちわ^^コメありがとうございます💖
その通りだと思います。
いい方法が見つかった時は長いトンネルを抜けたような気がします。
だらだら拉致の開かない方法を繰り返して、このままでは作品がダメになってしまいそうなときはほっといて、ほかにやりたいことを見つけ、楽しむことが肝心ですよね✨
いつもありがとうございます<m(__)m>、yoppyさん、頼りにしていますよ🌹
ちいかめ
2018/05/02 18:56
こんにちは。
描き方にはいろんな技法があるのですね。
そういうの全然知らないので 今回は「なるほど〜」でした。
P30 完成するといいですね。
頑張って下さいね〜♪
にゃーちゃん
2018/05/03 16:01
にゃーちゃん、こんにちわ^^
コメントうれしいです✨
今年こそ完成させたいです。できるような気がします、頑張ります💪
ちいかめ
2018/05/03 18:49
こんな筆が あるんですね!
自分だったら 筆ではなく スポンジとかで ポコポコやってしまいそう?(それか エアブラシで やってしまうかも?(テキトウ人間ですので!笑)
まだこもよ
2018/05/03 21:41
コモ様、いらっしゃいませ!
スポンジも使います、でも海綿の方がいい味出ますよ💖ちょっとお高いけどね✨
テキトウ…わたしもそうです〜(#^.^#)
ちいかめ
2018/05/04 02:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
風景画学習ノート・画用筆ファンとの出会い ちいかめのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる