### 父の遺産 ###

グループ展へ向けて夏の間に描きためた作品が、先週・先々週にART-MeterでSOLDになり、

今週のランキングで2位になった。

グループ展に出品するために夏の間値下げしなかったのを一気にSALEにしたので、

販売面積が基準になるART-Meterのランキングだと

それくらいは偉業でも何でもないことだけど、お仲間さんに祝福されるのはやはりうれしい。

「人間(じんかん⇒せけん)、万事塞翁が馬」(よいことと悪いことは一緒にやってくる)

という故事があるが、離れて暮らしている兄が電話で金の無心をしてきた。

兄は若い頃家庭内暴力で父に勘当されて、その後もたまに家に帰ってきては

暴れたり大声でわめいたりしていた。

そんな折、反抗的な態度を改めるように諌めると、逆切れされて暴力を受けたこともある。

父が倒れ、家族一丸となって父の事業を片付けているとき、

父が割り振った家族名義の不動産物件を名義どうりに要求して、

(ほかのきょうだいは借金返済のために固辞したのに)

勝手に行方をくらました。

怒った長姉が住所をつきとめたが、わたしと妹は兄には欲しいものを持って

どこでもいいから消えておとなしくしていてくれればいいと思っていた。

その時にせしめた金が尽きたようだ。

「就職口をさがしているが、うまくいかない、仕事を得たら返すから。」

兄が名義分をせしめたとき、申し訳にわたしに押し付けた少額を送ってやり、

仕事がなければ紹介すると言ったが、いかんせん距離的に無理がある。

兄の好ましくない素行を上記したが、身内から見れば同情できる所見もある。

兄は勝手なふるまいを家族から追及されるのを恐れて

離れたところに家を買ったが、それゆえ家族が援助しにくい状況になっている。

送った少額は数か月で尽きるだろう。

兄に関する問題はわたしに一生つきまとうだろう。

かたづけるのにわたしから大切な時間を長々と奪った家業と、

父が遺したもう一つの重たい遺産だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック