「熱帯魚と珊瑚礁」

画像


「熱帯魚と珊瑚礁」水彩作品です。ホワイトワトソン紙 A4 2013年度最後の作品です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

虎比寿
2013年12月22日 15:07
´ω`)ノ こんぬづわ  ちいかめ様
海の絵、素晴らしい‼☆゜;素(。>皿<。)敵゜;☆
暑い夏にはもってこいの作品ですね(^^ゞ

水彩でA4作品だと制作日数どれくらいですか
3日ほどで描いたりするのでしょうか?
日差しと魚の浮遊感、見事です~゜・_・゜~
2013年12月22日 17:48
>日差し<ありがとうございます。この作品は水底にきらめく光線の描写が命なので、うまくできてるのか不安でした。
制作時間についてはよく質問されるのですが、うまく答えられません。
正味で言えばまあ、3日(72時間)ぐらいかもしれませんが、ほかに色々果たさねばならない仕事が山積みです。
この作品は前作の「白糸の滝」の完成から11日後のUPになっているので、11日間といえるでしょう。前々作の大きめのイングリッシュガーデンは2・3週間はかかったと思います。
わたしは特に完成間近になると、ちょっと絵を離れてほかの作業を(家事とか)こなし、なるべく気持ちを冷静にして作品を観察するようにしています。
急ぎ過ぎたところでわたしごときの作品を待つ人がいるとも思えないので。(すみません、わたしって時々皮肉っぽいんです)
完成かどうか決めるまで、あえてちょっと苦しんでみます。
そういう慎重さがわたしの作品を堅苦しくして、反感を持たれるかもとか考えることもあります。
ART-Meterのジュリ子さんとか、すごく早いペースなので、わたしは絵描きとして遠く劣っているのかもとか、思いますが、水彩を始めてまだ1年で、どうにもキャリアが開いているので仕方ないのかとも思っています。
ご質問ありがとうございました。

この記事へのトラックバック