大根・大根・大根(@Д@);ノ=☆ヒエ~

画像


上の写真はちいかめ制作のべったらづけです。

べったらづけは甘くてまろやかで、

わたしみたいにあまり漬物の達人でなくても簡単にできるので、

初心者向けの漬物だと思う。

6月は漬物の月だ。

雨が多く、気温も上がり、菌の繁殖に好都合だから。

また、気温の上昇で汗をかくことが多くなると、

塩を使った漬物料理は夏の食べ物として、理にかなっていると思う。

畑では立派に育った大根が、「早く、早く、暑くなる前に収穫しないと」

と怠け者のわたしをせっつく。

そして。

大根の酢漬け、風呂吹き大根、イカ大根、べったらづけ、

福神漬け、切り干し、おろし大根・・・・。

ありとあらゆる大根料理と漬物のレシピを網羅する。

せっかく作ったのだから、何とか無駄にしないように利用しないと。

意地になった畑の女は大根に支配されてゆく




画像


しかし、春のブログに書いた通り、昨年末に畑の土壌改良のために

投入した大量の秋の落ち葉のせいで、今年の大根は予想通り裂根激しく、

マンドラゴラ(マンドレイク)の大量発生だ。

(マンドレイクはハリーポッターでも出てきたけど、ヨーロッパの空想上の植物

根っこが人間の四肢のようになって、人間のように声を発し、

引っこ抜こうとすると金切声をあげて、聴覚に敏感な犬の耳を傷めさせるという)

その横で、また今までになく玉ねぎの大豊作。

玉ねぎは根張りが弱く、定着が弱いので、11月に苗を植えるとき、

後々冬の霜で浮かないように、苗を深く植え、

さらに植えた苗のわきを足で踏み固めておく。

去年玉ねぎの苗を植えたとき、投入したばかりの落ち葉が下に埋まっていた。

もしかしたら大根の失敗に反して、根張りの弱い玉ねぎが根を伸ばすのに、

落ち葉の隙間が功を奏したのかも

と、考えてみたりする。

今年も同じように試してみようかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック