油彩と水彩

最近なぜか水彩では事足らず、油彩を描いている。

水彩では少し物足りないのだ。

何がどう物足りないのか、自分のしつこさとか、深さとか(?)が水彩では

十分に受け止めてもらえない、水彩には十分に入り込めないという気持ちが

前からあった。



水彩には書道のような一発勝負のようなところがあって、

筆や水滴の流れを利用した勢いや、紙ににじむ絵の具のような、

瞬時の動きを大事に生かすようなところがあって、

わたしも描いてると、そういうにじみや紙の上に現れる偶然の現象に

ちょっと面白いものを感じることがあるのだが、

形象や光と影など、目的のものを描くために潰してしまう。

透明水彩を愛する人たちは、そのようなわたしのやり方とは逆に、

水と紙が織りなす、淡い、切ないような風情を大事にするが、

わたしはもっと違う、時間をかけた深くて力強く確固とした表現が欲しい。

画面の上で、もっと悩みたいのだ。



ここ1年ほど水彩を探求して、色々なことがわかって面白かった。

何より、小学生の3年の時の図画の授業の、いわゆるボタニカル画で失望した時、

それまで秘かに自分は絵が上手なのでは、身を入れれば伸びるのでは、

という自負が粉みじんに砕かれていたのが、PIXIVやART-Meterで

ある程度好評をもらえるとわかったので、結構がんばれた。

勉強してみると、一口に水彩と言っても、透明と不透明があって、

しかし両方を併用したり、またアクリルも水彩の範疇に入るということがわかって、

(水で溶くから)驚いた。

用紙だってさまざま、自分の好みで決めればいい。

人の分だけ自由な表現があって、自分の表現に合わせてやりたいように

やればいいんだってことを。


水彩やるならこういうの。

油彩やるならこんな感じ。

そう思ってしまうのは自分でやりもしないで、

人のを眺めて頭で理屈付けしようとするからなんだろう。



そして最近、以前のように油彩に戻ってみると新たな発見があった。

油彩絵の具にも成分素材により透明と不透明があって、

値段はそれぞれ異なるが、皆同じ油絵の具なのだということ。

何だか、青い鳥を探して旅に出て、手ぶらで家に帰ると家にいたというあの感じ。


物事をよくわからずに外から見てると、なんだかジャンルで分けたくなるけど、

それが自分を固定観念で縛る桎梏になってしまうなあ。


要は人にも認めてもらい、愛される作品を制作したいから、

人気のある表現やタイプに憧れるけど、

人はやはり自分の闇へと帰ってゆくのかもしれない。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年06月26日 22:07
闇ですか
自分の中に初めからあるもの
キラッと輝く原石みたいなもの
ってことで、光のイメージが
2014年06月26日 22:25
ともなさん、お久しぶりです^^
コメありがとうございます
そうですね、これちょっと暗いですね。
自分の闇に帰って、やがてその闇の底にキラリと光る原石を発見できたらいいけど、自分はまだあまりそういうハッピィエンドを書く心境ではないです・・・。
欲張りなんでしょうか

この記事へのトラックバック