人間の道は一本道じゃない!・・・とわたしは思う。

9月に入ってから、バイトが景気いい。

4月に消費税がアップしてからずっと不景気だったのに。

正直助かるけど、バイトがきつくなると故障が増えるので要注意だ。

それで高価な画材をまとめ買いしてしまった。

せっかく買ったのだから使わなきゃだけど、

制作衝動って本当に気まぐれで、自分でも思うように行かないのが難だ。


「日本の自然を描く展」に「銀富士」と一緒に出そうと描いていたP10作品があって、

でもなぜか途中で描けなくなって保留にしていたんだけど、

今週半年ぶりに急にやる気が湧いてきて、かなり完成に近づいた。

この作品を放り出して「月夜のシャボン玉」や「ごろ寝子」を描いて、

自分がパステル作品を仕上げることができることを知ったし、

水彩で海綿を使うことも覚えることができた。

これを使うと作業が格段にスピードアップする。

筆とは異なるテクスチャみたいなタッチになって味わいが出るし、

ひたすら筆で描いていたそれまでのロスがウソみたいだ。

でも、それでもP10作品に触れることができなかった。


わたしっていつもこうなんだ。

何か一つのことに入れ込もうとすると、途中でだめになる。

ある程度は集中力が続くんだけど、それ一本のバカにはなれない。

必ずある程度で他を向いてしまう。

だから何かを目指す時は途中の紆余曲折を見込んで、かなりの時間を見込まなくてはならない。

昔、父が言ってたことを思い出すのだけど、

「人間は何でもいいから一つのことで1番にならなきゃ本物じゃない」

わたしが10歳くらいだったかなあ、そんなこと女の子に言われてもね。

てゆうか、悪いけどわたしは賛成できない。

色んなことやって、さまざま試してみて、総合的なセンスって必要だと思うんだ。

「日本の自然」というテーマを掲げて水彩作品に突き進んでも、

視野の狭さで行き止まりになっちゃうような気がする。

なぜ日本なのか、なぜ水彩なのかって考えてしまうと、

他の新鮮な世界の門をノックしたくなるよ。

さまざまな考え方を考証してみて、初めて高みからひとつの概要を

捉えることができると思うんだ。

食事だってバランスよく食べた方がいいしね。


ま、こんなこと、読んでるあなたは「あたりまえじゃん!」と考えるかもしれないけど、

父はすぐに集中力を失うわたしたちきょうだいをなじっていた。

「勉強でも何でも、とことんやればいいんだ、あれこれ他をよそ見するな」

つまるところ、手を広げればそれだけ経費がかさむことになるから。

1本道をわき目も振らずに突進できたら悩みがなくっていいよね。

そういうのをブレナイっていうのかな、最近よく聞く言葉だけど。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック