自分へのクリスマス・プレゼント「アトリエタイプのイーゼル制作」(1)

画像


こんなわたしでも1人前にクリスマス・プレゼントは欲しいです。

で、さしあたって今のところ何が欲しいかというと、

上の写真のような大きな作品が制作できるアトリエイーゼルがほしい!

が、底値でも3万円は下らなく、ほかにもたくさんの子供たちにプレゼントを

用意しなければならないサンタさんに要求するにはあまりにずうずうしいので、

一応これでも大工の棟梁の娘なので、自作してみようと思います。

うまくできるかな~、うわ~ドキドキ

画像


今回は家にあったこの使い古しの小型の30センチ水槽を基礎に作っていきます。

なぜこんなことするのか、イーゼルの台になる部分を何もない状態から起こそうとすると、

しっかりした良質の材木で狂いのない寸法をもとに精度の高いものを作らないと、

後々ちゃちいものになってしまいますが、既成の水槽などのパースのしっかりしたものをもとにすれば、

大工の娘とはいえ、実際はまったくの素人のわたしでも、

後は簡単な補強程度で全体を仕上げることができるからです。



画像


画板を支える部分は2本のD・I・Yキット、イレクター2Mを使用。

2本の間を15CMの等間隔でまとめるために、2か所につっかえ棒をつけて、固定しておきます。


画像


同じくイレクターのジョイント2個と30CMの部品。画板を乗せる腕になります。

今回は接着剤、レンガ2個、木材少々で全部でかかった費用は3千円ほどです。

・・・イレクターは1.5Mでもよかったかも…ちょっと反省

画像


水槽を上のように家であった木材で補強します。


画像


台になる内部に、2本の支柱を差し込めるようにレンガや木材を交差させて

接着剤で固定します。

レンガを使用するのは台にある程度の重みを作って全体のバランスを作るためです。

(アトリエタイプのイーゼル制作(2))に続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック