母へのスペシャルサービス「ブドウ棚づくり」(1)

母のために庭にブドウ棚を作ることにした。

何だかDIYの話題ばかりだけど、3年ほど前、庭にピオーネの苗を買って植えたところ、

すぐに4つほど立派な房が実り、驚くようなおいしさに魅せられた

その冬本格的にブドウ棚を作ろうと思ったけど、どうにもわたしには荷が重すぎて、

諦めて切るしかないと思い至った

行き当たりばったりなわたしの失敗と言うか、

葡萄の栽培がこんなにも大変とは思わなかった。

すると母が強硬に反対し出した

もしも棚を作るとしたら単管20本ほど用意して、狭いうちの庭に合わせるために

単管カッターを購入しなければならないと思っていたし、そうすると予算的に

2万円近くなってしまいそうで、

自分にそんな余裕はなかったし、作業工程も技術的にも要領を得なかった。

「棚がなくてもいい、切るのはやめてくれ、何とかなるよ」

駄々っ子のように言われても、樹勢の強い葡萄を棚も作らずに放置すれば、

夏場に狭い庭はジャングルになってしまうし、

葡萄がつるを伸ばして大きな房をつければ数キロから数10キロの重さになるのだから、

棚を作ってしっかりつるを支えてやらなきゃ葡萄は立派な実を作れない。

自分で職人を頼むか、兄にでも頼んでくれ(ありえないけど)と言って

翌年は枝を根元から切るしかなかった。

すると母は癇癪を起して、庭の南側の目隠しのために植えてある南天の株を

全部切り倒してしまった。

そんな風に反抗されても、わたしにはどうにも手に余ることで、どうしようもないと思っていたが、

去年の暮れにイーゼルを作るために数日ホームセンターに通って、

色々な大工道具を見て勉強したところ、

わざわざ高価な単管カッターを使わなくても作れるような見通しが立って、

トライする気になった。

まずは材料を購入しなければならないが、

たかが20本ほどの2Mの細口の単管を購入するために配達させるのは気が引けるし、

かと言って妹のミニバンには乗らないし、

と言うわけで2~3キロ離れたホームセンターから数本づつ購入して、休日に徒歩で運ぶ日々である。

何せD(Do)、I(It)、Y(Yourself)!だからね





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

夜間飛行
2015年01月29日 12:03
D(Do)、I(It)、Y(Yourself)の精神、お母様への思いやり、頭が下がります…
葡萄がたくさん生ったら、とても楽しそうですね。

先日のとある方とのやりとりを拝見(今度の作品)して、ちいかめさまのコメントへの考え、私もほとんど同じように思っていました。ちょっと、自分だけじゃないんだなと嬉しくなりました^^ありがとうございました!
ちいかめさまの、まっすぐな作品へのお気持ちを尊敬しております…
2015年01月29日 16:30
夜間飛行様、コメントありがとうございます♡
共感していただいてとてもうれしいです。
<とある方>に誤解されたくなくて本心を言うしかなく、普通は口に出さないことをバッサリ言ってしまいました。
結果彼女の作品注文のお気持ちを確かめられてよかったのですが、やはり気恥ずかしく何とも言えない気分です。
まあ、こういうことはAMに限らず、よくあることかもですけどね(^_^;)

この記事へのトラックバック