アリスの絵(1)

画像


アリスです。不思議の国のアリスをイメージして描いた。

このブログのトップ画像であり、ツイッターや某絵画販売サイトで

わたしのプロフィールに使用している画像だ。

この絵は今の家に引っ越してくる前のアパートで描いた。

当時、倒れた父の遺した物件を片付けている課程で、住んでた家も処分しなければならず、

わたしと妹はアパートに移ってそこで1年半ほど過ごした。

アパートには人目もはばからずすぐに興奮する母を入れることはできず、

兄の住んでいる実家に預けるしかなかった。

母もわたしも父の別居先に移った後、勘当されていた兄はからになった実家に

もぐりこんでいた。

猫は飼い主にではなく家につくというが、アパートに移ると飼っていた猫は

出て行ったきり戻らなかった。

家をなくし、仕事もなく、愛猫もなくし、銀行との折衝が続き,わたしはそこでこの絵を描きはじめた。

それまでただマンガ研究会に白黒の線画を投稿するのみであったけど、

何もかも失くしたわたしはボードにジェッソを塗って透明水彩とアクリルジェルで描きはじめた。

2~3か月はかかった。わたしの最も情けない日々の救済への祈りを込めた作品だ。

それをわたしは漫研の特に仲もよくない人にぽいとやってしまった。

それはなぜか。

絵とはほかの表現作品同様、作者以外の誰かの人の目に触れることを目的としているものだ。

漫研ではモノクロ作品のみの掲載だし、わたしはまだネット環境を持っていなかった。

またコミケに行く余裕はないし、誰かに観てもらうにはプレゼントするしかない。

それともやはりわたしは母と同じように精神病なのかもしれない。

母のようにあらぬ妄想を固く思いこむということはないが、

統合失調症の症状の一つにある、頭に言葉が響くという現象はある。

狭いアパートの中で自分の苦心の絵を見つめながら、

次々に頭に浮かぶ言葉はさまざま、中にはプレゼントしろという言葉も強く浮かんでくる。

また、何かの願いを込めて誰かにプレゼントをすることは、

古来より人間にある、しあわせを望むジンクスかもしれない。

しかしこの絵に関する逸話にまだひとつ、うちあけがたいつらい話がある。

次回へ譲ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

夜間飛行
2015年03月17日 01:46
2の方も読みました。とても大変な時期だったのですね。
このアリスの絵を大きく見られて、奥のほうの卵を割っている人物にようやく気がつきました。手前の美少女に見とれてしまって…
細かい描写が本当にすごいです。私は絵の方をいったんお休みしてうだうだとしておりました…真夜中におやつをばりばり食べてしまって、罪悪感…
なんだかまとまりがなくてすみません。また来ますね…!
2015年03月17日 12:27
夜間飛行様、コメありがとうです^^
暗い話で恐縮です。これ、まだ続きます。
ますます暗い話です。最後まで読める人には表彰状を送りたいくらいです(^_^;)
本当に、大分お疲れの様子ですね。それほど今回のイベントは気合の入ったものだったのでしょう。パステルな可愛い作品がたくさんで、ヤカンさんの作品は夢のようにきれいですね。>夜中におやつをバリバリ<そらまあ、いつだっておやつは好きな時にばりばり食べるのが超おいし-ですよね♡

この記事へのトラックバック