再び精神科へ

画像


インゲン取れ取れです

9月の終わりに滑り込みで植えたのが今最盛期。食べ切れないのはゆでて冷凍保存します。

サトイモもそろそろ少しづつ収穫。トロトロです^^

画像


母を近所の精神科に連れてゆくのに成功しました。

前回のブログの後、母はしばらく大人しくしてましたが、

三日もすると再び興奮状態になり、これ以上エスカレートすれば

近所や社会に対して怠慢行為になるだろうということで、

妹と二人でいつもの内科に行くふりをして車に乗せ、

わたしの用事ということにして一緒に精神神経科へ。

母は医者の前で終始べらべらしゃべり続け、

診断は「躁状態の統合失調症的妄想障害」って言ったかなあ。

母は内科の血液検査で高脂血症のほか糖尿や心臓、腎臓も成績悪いので、

飲み合わせや副作用を考えて、弱い薬から徐々に試そうということで。

でも精神科に再び無事かかることができて本当によかった。

父は親戚と一切連絡を絶っていた人だったから、母や兄の病気に関して

誰にも頼ることができなかった。

しかし誰かを精神科にかける場合、やはり一人では連れて行きにくい。

情報収集も一人ではやりにくい。

ほったらかされた月日、母は憐れな人だった。

今回成功したのは、このブログで皆さんにうち明けて、

力をいただいたおかげだと思っています。

勇気をありがとうございます



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 46

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年10月30日 17:52
こんにちは。
お母様の通院治療が再び始められたとの事で、少しずつでも快方にむかわれる事をお祈りいたします。

また私事で恐縮ですが、当時母の4か所の病院や医院へは常に私一人で連れていっていましたが、車イスとなり認知も進んできた中で最後の一年程はさすがに苦労しました。もうひとり付き添いがいればと何度思った事かわかりません。通院時も病院内ではひとりではどうしようもない場面がよくあり、よそ様にも迷惑をかけてしまった事も何度かありました。
病院へ連れてゆく患者の状態によっては病院内でも付き添いがもうひとり必要な状況に出くわす事があるという事も実感しました。

薬に関しても確かに飲み合わせや副作用も気になるところですね。
パーキンソンの治療の為の病院の処方箋でも最初通院していた病院では大量の薬が出ていました。また効果がみられないと主治医はどんどん強い薬にしてゆきそれに比例して副作用がひどくなってゆくのが素人目にも解りました。私も母本人も段々と不安になってきて数年通った病院ではありましたがついには病院を変える事になってしまいました。
変えた次の病院で改めて検査をした中で同じく通院治療となったのですが、この病院での処方箋はたった一種類の薬でした。
そしてあの大量の薬の副作用からは解放された中で症状の方もしばらくは安定するようになりました。
今までのあの病院で処方されたあの大量のそして強い薬はなんだったのか、素人ながら疑問ばかりが残りました。
一概には言えませんが効く薬程副作用のリスクが大きくなり、場合によってはその副作用で病を治すどころか体調自体を悪くされてしまう事もあるのだと思い知らされました。

長々と母の看病した頃の事を思い出してとめどなく書かせていただきました。

ちいかめさん、そして妹さん共々これからも大変でしょうが、どうぞご自愛下さい。
2015年10月30日 19:27
マナオさん、コメありがとうございます。
そう、そうなんです。母は内科の方ですでに10+アルファもの数の薬を飲んでるんですよ。そんなにたくさんの薬を飲むよりも、いっそ3日間断食でもした方がよっぽど身体にいいんじゃないかと思いますけどね
でも、今はずいぶん運動をしてくれるようになったので、細かいことは口出ししないようにしてますが。
成田山に5千円くらいで断食コースがあるらしくて、
わたし憧れているんですけどね…。
食べ物のないところへ行ってうんとおなかをすかしてみたい。変な欲求ですが。
すみません話がそれてしまいましたね
わたしは母親似で母とはそりが合わず、母は父親似の妹に甘えて、妹も極力母を甘やかしているという図式がうちにはあって、医療の問題も、健康のためというよりも母のためのイベントみたいになってしまっています。
健康になりたければ大食をやめて節制をするのが1番だと思うし、しかし食いしん坊の母はすぐに無駄食いに走ってしまいます。
話が取り留めなくなってしまいましたが、
精神科のお薬で母は少し静かになっているようです。
やはり医療も捨てたものではないかもです。
では、薬の話ありがとうございました。妹と話し合ってみます。
にゃーちゃん
2015年11月19日 16:36
お母様 精神科での受診成功良かったですね(-^〇^-)
まだまだ 始まったばかりでしょうが ゆっくりでもいいから 前進していってほしいですね。
良かったですね。