ちいかめのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 母の病状・額縁制作中間報告

<<   作成日時 : 2016/02/10 11:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 6

画像



画像


額縁一つ目、ただ今こんな感じです。

自作してみてわかったことは、ホームセンターにツゲ材がたくさんあったので、

今回はそれを使用しましたが、普通額縁自作にはネットや

大きな画材店で販売されているアガチス材を使うのが一般的らしい。

アガチス材は加工しやすく価格的にもリーズナブルな材木で、

わたしが使ったツゲ材は比較的高価で年輪部分が固く、

加工の難易度が上がるようです。



母をメンタルクリニックに通わせて4カ月目になりました。

最初は毎週だったのが今は隔週になって、これくらいのペースが妥当だろうと、

妹と意見が一致しています。

しかしこの4カ月の間に医者は薬を増やし、

(向精神薬は興奮を抑える働きがあるので)母は次第に行動力を奪われ、

外出が減り、しかも太るのを恐れて食事も減ってきています。

以前はあまりに出かけ過ぎだったし、食べ過ぎでもあったので、

少々の変化は騒ぎ立てずに様子を見るべきだけど、

自分が精神科にかかっているという事実が受け入れられないのは相変わらずで、

母は事に触れ「わたしは病気じゃない。精神科には行きたくない」と、主張します。

しかしもちろんクリニック通いは必要なので無視すると、反抗的になって苦労します。

家の中で喧嘩になったりしないよう、母の悪態をかわして大人にならなければならないけど、

あまり達観しすぎたり、甘やかし続けることが最良のこととも思えません。

何だか難しい年ごろの子供を育てている気分です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの義母…今日 いつも来ているお客さんを見て「あの人だれ?」と言っていたらしい(うちの奥さんが言ってた)目が見えなくなってきたのか それとも ボケてきたのか?この前「頭痛」がすごかったらしいが 「ボケ」だとしたら 「脳の病気」が原因の「ボケ」なのかも?
「悪態」…それもあるけど 「ケラケラ」笑った後に 「ドカ〜ン」ど落ちた時が ひどいです!(躁鬱病とも 言える?)
まだこもよ
2016/02/10 20:25
コモ様、コメントありがとうございます😊
先日、クリニックの医師が母に痴呆症診断テストをしてくれて、「痴呆症って、精神科なんだ」と知りました。いずれにしても、もしシロクマさんの症状がひどければ町のメンタルクリニックでの診療をお勧めします。コモ様、お子さんたちに加え年配の方のお世話と、大変ですね。お店には刃物もあるし。しかしコモ様たちのシロクマさんへの対応を、お子さんたちはちゃんと見ていると思います。シロクマさんへのお世話が、お子さんたちの責任感のある大人への情操教育になると思いますので、周囲の協力を仰ぎつつできる限り適切な対応を。わたしも根気よく頑張ってみます。
ちいかめ
2016/02/11 14:25
おはようございます。
公募展に向けての準備ご苦労様です。
ツゲ材での手作り額縁、綺麗に製作された中で木のぬくもりを感じる額ですね。
私も工房(ガラスや鏡へのサンドブラスト、現在は開店休業状態)での作品には様々な額を使用しましたが全て市販の物でしたが結構コストがかかりました。
お母様のお世話、大変さを察しいたします。
あたり前の事ですが、薬は増やしたり強くしたりすれば当然副作用は強くなります。私の母の場合も最初の病院では効果がないと話すと担当医はやたら強い薬を処方してきました。普段の生活でもその副作用は顕著なもので、こちらは素人で従うしかありませんでしたが、それでも不安にもなったものでした。
私の母もパーキンソンの進行と共に認知が進んでくるとそれと共に行動や言葉もひどくなってきて、それとは解っていてもこちらとしてはついつい大声で怒ったりしていました。
確かに聞き分けのない子供がいるような生活でした。

追伸
公募展行きは21日予定となりました。当日は初日で午後から公開のようですので、その時間帯に拝見しようと思っています。
マナオ
2016/02/12 06:06
マナオさん、コメントありがとうございます😊
マナオさんも何かのクリエイターのようで、存じ上げないで失礼しました。ぜひ、そのうち作品を拝見させていただきますよ
作品を制作して、そのために額を作って、公募展で観覧していただく。普通の毎日の中でイベントを設けて、自分の表現作品の発表を目指すのは楽しいですね。
その活動を通して交流することができれば、気が紛れてありがたいです。

母の薬ですが、以前初めて母が精神科にかかったときに処方された薬はかなり強かったらしく、震戦がひどくて心配しました。でも今回の薬は震戦もなく、ただめまいがして散歩などの運動が困難らしく、運動不足になって、体力の低下に結びつかないか心配です。いずれにせよクリニック通いを通して母の病気と付き合ってゆきたいと思っています。
ちいかめ
2016/02/12 10:33
額縁、綺麗に出来てますね。
木材には、加工し易い木とそうでない木がありますけど、今回は、加工し難い材質を使われたんですね。
という事は、今度、アガチス材というのを使えば、比較的に楽に作れるかもしれませんね。
最初に難易度の高いのを使ったのはマイナスにはなりませんよ。
それに、ツゲの方が高級感と共に、使う程に味が出てくるんではないですか?
って、よく解ってませんが。(^^ゞ

「難しい年ごろの子供を育てている…」
そうでしょうねぇ。
ボクには経験が有りませんが、世間の方の話しを聞いていると、同じような感覚になるらしいです。
でも、違っているのは、親か子供。
子供では我慢できる事も、親になると、そうでもないらしいです。
ちいかめさんは、今までも、ご苦労されてきたのやから、案外、ツボを心得ていて、そんな事は無いと思います。
お母様、大変ですけど頑張ってくださいね。
yoppy702
2016/02/14 17:16
yoppyさん、コメありがとうございます😊
嬉しいお言葉傷み入ります。
もしわたしの両親がうちの両親でなく、
わたしの同年代の人たちのほとんどがそうであるように、
子供を一人、二人でやめといてくれたら。
母も余計な苦労をしないで済んだのに、わたしたちもいらない恥をかかないですむのに、そういうことを毎日1度は考えます。
しかし仕方がない。何とかやっていることを幸いと思って前進するしかないです。もしかしたら、普通の人たちが見ないものを見ることができるかも。そこに面白みを見出すのが人生の面白さなのかも。
そう信じて行きたいです。

額縁、yoppyさんの言う通り手作りの面白さを満喫しています。確かにツゲは硬いですが、手触りが素晴らしく、今回はこれで満足してます。わたしはこういう作業が大好きですのでとても楽しいです
では、またyoppyさんのところにお邪魔します

ちいかめ
2016/02/14 18:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
母の病状・額縁制作中間報告 ちいかめのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる