「紅白梅」

画像


2014年制作「紅白梅」F3油彩作品。

今から10と何年前になるか、母を始めて精神科にかけることができて、

千葉市立青葉病院に通っていた時、病院の前にはできて間もない

青葉の森公園という大きい公園があって、たくさんの見事な紅白梅が植えられていました。

真冬の殺風景な景色の中で、血のように赤く咲き乱れる紅梅の花木。

子供の時分から女のくせにあまり花には関心がなかったわたしも、

寒さの中で何とも健気に咲くものだと感心しました。

加えてうっとりするような強い香り。

その時花木の香りについて関心を持ち、本で調べたり、人との会話で

話題に載せる機会があって、

「桜の花には香りが無い」と知って、大変驚きました

そういえば古典の文章では「梅」と言えば「香り」だけど、

桜はただ『花』とあるだけで、香りについての脈絡は出て来ません。

そう知って春の桜並木を歩くとき、これほど薄赤く咲き乱れているのに、

また、香水の女王の「薔薇」科なのに、確かにまったく花らしい香りがないのには

あらためて驚きます。

それもまた個性と呼ぶべきかも。


この冬、わたしの住む地域では、まだ雪景色を見られないでいます。

ちらほら降ることはあったけど、積もりません

積もると仕事で苦労するので降らない方が助かるけど、

やっぱり一冬に一度は雪景色が見たいです。

人間は身勝手ですね


あ、今日はバレンタインデー

最近は「友チョコ」というのもあるんだとか。

甘いプレゼント、皆さんは味わわれましたか?



この記事へのコメント

2016年02月15日 11:35
こんにちは。
青葉の森公園の様々な紅白の梅を描いた油絵作品、白やピンクの満開の梅の花の香りや、そしてまもなく訪れる春までも感じさせてくれます。
以前は青葉の森公園内にある文化ホールで三月に行われる式典に毎年参加していました。駐車場からホールまで歩く間には梅の木も沢山あった事を記憶しています。いつも三月半ば頃でしたので大分散ってはいましたが懐かしくも思いました。
2016年02月15日 15:32
マナオさん、こんにちわ^^
マナオさんはイベント等で活躍されているミュージシャンだったのですね!今しがたブログで「空の日ショー」の様子を拝読しました。長年にわたってちびっ子たちのために、その子たちが大人になって親となり、そのまたお子さんたちを連れてくるまで、楽しい活動を提供して来られた・・・。
以前スイカを分けてもらったあたりを読んだ記憶はあるのですが、すっかりお見それ(?)してしまいましたおまけに、何かのアーティストでもあるようで、まだまだ素晴らしいお話が伺えそうそういえば、あの「青葉の森公園」には色々立派な施設があって、何らかの催し物もありましたね。懐かしいです。
これからもよろしく、マナオさんの活動を教えてください
2016年02月15日 19:04
こんばんは。梅の絵、うめ~
そんな冗談じゃなくて、本当にお上手!
綺麗、ステキ、可愛い。
色んな花がありますが、どんな花を描くのが好きなんだろう、ちいかめさんは。
ちいかめさんの絵、一杯みたいです。
油彩、いいですね。
今までに3人の画家のアトリエに押し掛けたことがあります。アトリエ見たくて(^_^;)
ちいかめさんはどんなところで描いてんだろう?ってふと思いました。
2016年02月15日 19:45
wingaさん、いらっしゃいませ~^^
わたしはまだ本格的に作品を描き始めてから2~3年ですので、30点くらいしかないです。全部このブログに収めてます。絵画タグで検索できると思います。
わたしのアトリエって、わたしの部屋です。ごたごた画材だらけの物置みたいな部屋。アトリエなんてステキなものじゃないです。wingaさんが来たなら、画材の間で遭難します。…6畳ですが
もしいらっしゃるときは事前に連絡をお願いします。そうじしますので
2016年02月15日 21:33
こんばんは。
紅白梅の油彩作品はお上手ですね。 近所の神社では白梅が綺麗に咲いています。おっしゃる様に桜の花には香りがありませんね。梅は独特の香りがあり実も生り、梅干しは小生の好物で毎日一粒食べています。
2016年02月15日 22:25
こんばんは。
素敵な紅白の梅の絵ですね。
しかもF3で良くこんなに上手に描けるものだと感心します。
私も頑張らなくちゃ。
2016年02月16日 05:28
寝ぼけて内容をまともに読まないで見たから「きれいな写真撮ってきたなぁ〜」と思ってしまった!(他の人のブログと勘違いもしていた?)
きれいに描いてあります!
ただ お母さんの事もあったから ある意味「ストレス発散」の効果があった絵なのかな?
娘が油絵を描いているのを見て 「自分も描いてみたい!」と思ったが 今は無理かな? そのうち 「アトリエ」作りますので…そうしたら描きます!(「貸しアトリエ」を作りますので…夢ですよ 夢!笑)
2016年02月16日 20:08
華の熟年さん、いらっしゃいませ~^^
うちの庭にもまだ若いですが、梅の木あります。
咲いて美しく、実になって利用でき、梅って本当に有用な木ですよね。
わたしも梅干し、大好きです。
今年は梅の実、いくつなるなかあ、楽しみです
2016年02月16日 20:18
tamachanさん、いらっしゃいませ^^
制作進んでますか?
tamachanさんの作品はいつも堂々たる大作で、しかも画像は自分で調達されて、オリジナリティ満点だと思います。
わたしはなかなか自分で画像を準備できないので、借り物が多いですが、この作品は気に入っています。
新作いつも楽しみにしています
2016年02月16日 20:29
コモ様いらっしゃいませ^^
ブログの方再開されたようで、うれしいです。待ってました!
この作品は、絵画サイトに登録して自分の作品を販売してみて、やはり「花」「風景」「油彩」が手堅く、しかも価格的にも安定して売れている実情を見て、素材サイトから画像を選んで描きました。苦心しただけあって、いいお値段で買っていただきました。
だけど、何をどう描くかはいつも悩みです。
コモさんの油絵、楽しみにしています。
散らかしてもいいのなら、貸しアトリエ、一部屋予約しますよ
夜間飛行
2016年02月18日 00:49
「紅白梅」素敵ですね^^大分アトメをご無沙汰していたのでさきほど巡回…でこちらに来ました。なんて細かい絵なのでしょう……筆はどういったものを使うのでしょうか。私は100円ショップの筆で適当にアクリルで下塗り程度しかしないのでお恥ずかしいです…
いよいよ展示ですね。いけたら月曜日に、ふらっと行く予定なのですが家の用事などを急に頼まれる可能性もあり、ぜひ作品をまた生でみたいと思うので行けるように祈っております…どきどき^^します。
前ほど寒くはなくなってきましたが、油断は禁物ですね。
お互い健康で仕事を頑張らなくてはですね!またお邪魔します~
2016年02月18日 09:39
ヤカンさん、いらっしゃいませ^^
いつもありがとう、うれしいです
わたしは割と筆には神経質なので、油彩の小筆には気を使います。この作品で使用している小筆はトールペインティング用の5/0番あたりで、結構値が張ります(350円くらいです)でもこの筆でも線などを描くときは太すぎで、時々つまようじみたいなものも使いますよ
展示、お運びいただけるようで、ありがたいです。アトメの画家さん同士で観覧しているのを見て美術館にはよく行ったものだけど、お仲間さんの展示に行くなんて面白い付き合いだなあと思いますが、わたしも緑さんが毎年参加している早稲田の表現派展に初めて行ったとき、すごく興奮しました。早稲田構内の施設も、自由な表現作品も、わたしも仲間に入りたいけれど、色々とね…
ではでは、わたしは21日(日)に搬入で、今週もバイト頑張らなければですよ(^^)ノ”
2016年02月19日 22:05
これが、先日言われていた、梅の絵ですね。
パッと見た時、写真かと思ってしまいました。(^^ゞ
クリックして、大きくしてみると…
これ、スゴイですね!
大きくした瞬間にドキッとして、呑み込まれてしまいました。
梅という題材だと、綺麗に、可愛くというか…ほんわかな平穏なイメージがあったのですが、この梅は、ものスゴイ躍動感に溢れてますね。
まるで白梅と紅梅が戦っているように見えてしまいました。(^^ゞ
この枝のフォルムがインパクトあるぅ~
ちいかめさんには、大人しいイメージを持ってましたが、とても情熱のある方のようですね。
あっ、芸術家さんなんやから、作品を創られる時は当たり前ですね。(^^ゞ
スンマセン。
絵の事は解らないので、勝手な思いですのでスルーしてください。
2016年02月20日 15:09
yoppyさん、いらっしゃいませ^^
いつもありがとうございます。
yoppyさんのコメントはいつも独自な感覚で、
そういう見方もあったか!と感心します。
梅の枝ぶりって、ごつごつしていて面白いですよね。
少し奇怪で岩みたいで、特に年を経て古びた幹などはすごく雰囲気あると思います。そこに可憐な花が咲いていて、すごく絵になると思います。
情熱・・・誰にでもあるものと思いますが、心に浮かんだ伝えたいイメージを観る人と共有できるように画面に構築するには、忍耐が必要だと思います。
固いことを言っているようですが、わたしと長くお付き合いをしてくれれば、やんちゃなところもお見せできるとおもいます^^だからこれからもコメくださいね