市民ギャラリー抽選会で

先日駅前の市民ギャラリーで無料の展示権抽選会に参加してきました

市民ギャラリーですから、公共のギャラリーで、地元のいくつかの絵画会や写真会、

美術会が会員さんたちの作品を無料で発表できる場で

販売とか商業目的の行為は禁じられているというわけですが、

中には無料の個展を行う個人の有志さんもいらっしゃって、わたしもちょっと興味があったので

とりあえず参加してみたわけです



抽選は半年に一度行われ、その回で展示の叶った参加者は次の半年は参加不可、

参加者が多数で選に漏れたり、希望の時期を引き当てること叶わず、

いやいや選んだけれども後でやむなくキャンセルとかいうケースもあり、

その期の参加がかなわない場合、半年後の抽選会に再び有利なアドバンテージ付き(2回予選を受けられる)で挑戦でき、

つまり誰でも1年に一回の参加がほぼ可能になります


行ってみるとわたしの参加している地元のS美術会の代表者が来ていて、

わたしより前に5月の参加権をゲットしたので、8月9月など、気候の厳しく客足の難しい時期を敬遠して、

来年の6月の第3週に6日間の展示を引き当ててしまいました


しかし何しろ初めての参加で様子を見る目的でのことで、

考えてみたら5月に地元のS美術会で作品を発表し、その後の7月にはすぐ美術団体の本展がありますので、

ちょっとあまりにも状況が厳しい…

残念だけどここはあきらめてキャンセルするしかないようです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年10月26日 11:40
市民ギャラリーの無料展示権は抽選で行われているのですね。
いい時期に使いたい人が多いでしょうから、公平と言えば公平な気がします。
有料のギャラリーなら探せばたくさんあるんでしょうけど、個人有志の展示会など、無料ならありがたいですよね。
来年の展示会の日程とか、抽選の結果、今頃決まっていくわけですか。
日程が具体的になれば創作意欲も湧き、そこに向けて新規作品をつくる人も多いことでしょう。
2019年10月26日 20:24
抽選に当たったのに辞退しなきゃいけないのは残念ですけど、ちいめさんが考えて無理なら仕方が無いと思います。
まぁ、これで終わりと言う訳じゃなく、今後のチャンスもあるので、それまでに作品のストックを増やしておく方が良いでしょうね。

ところで、この記事は25日のアップですので、無事やったんですね。
豪雨で、そちらの方は、又、大きな被害があり、お住まいの市も避難指示が出ていたので心配してました。
ちいかめ
2019年10月27日 02:53


>トンキチさん


初心者の画家さんが「個展をやらなきゃ」と考えるときに様々な意見を紹介しているサイトをネットで見かけます
「無名者が無理に個展を開く必要はない」とか、「画家と認められる早道は個展を開くことだ」とか、「最初に開くときは、銀行や、郵便局などの無料のギャラリーを利用するといい」など、様々あります

最近はお金のある若い人がどんどん個展を開いているので、焦りや個展に対する虚無感など、感じることも様々です
個展は「自分は絵にお金をこれだけかけられる」という物差しにも感じられます

>日程が具体的になれば創作意欲も湧き、そこに向けて新規作品をつくる人も多いことでしょう。

まさしくそこです(;^ω^)
これから冬に向かって寒くなり、創作も辛くなって行く・・・心に励みが欲しいのです。
「春になれば」とか「何月に…展があるから」と、つらい時期を頑張れる支えが欲しい・・・

とにもかくにも、経済的に余裕がない人にも開かれている門扉というものはありがたいものですね

ちいかめ
2019年10月27日 09:13
yoppyさん、コメありがとうございます<(_ _)>おかげさまでわたしは大丈夫です。てゆうか、わたしが住んでいる周辺はどんな大雨でも水害にはならないと思います。
 
 周辺の地盤が水はけが悪い土質(近所にある市民農園を耕すと、雨の日水たまりになります)で、おそらく早くに作られたらしい用水路(大きな側溝)が町の縦横を走っていますし、町の大部分が台地になっていて、それゆえ町はずれに行くと坂が多く、低地地帯の方はよく水没するようです。
 避難指示はそういう低地の方たちに出されたものでしょう。
 それにしても激しい雨が長く降り、あれ以上長引けばうちは無事でも周囲にひどい異常があったかもしれません。

 抽選は次は4月にありますので、今回をキャンセルして、再び挑もうと思います。
 その時はどうかよろしくお願いいたします<(_ _)>
2019年11月03日 14:36
こんにちは。
個展を開くにあたって、そういう事情があるのですね。
学生時代好きな絵を描いて、文化祭で観てもらって、
ヘタな解説をしていました。
それで満足でしたが、古典を開くってすごいなと思っていました。
まず、やる気がある、作品のストックが多くある、オリジナリティーがある。この3点が必須でしょうか!
無料の会場は県や市が用意すべきだと思いますが、資金力で評価されるとなると芸術では無いですね。
才能のある人をどのように発掘するか、
活躍の場をどのように提供するか、
を行政の方で考えて欲しいですね。

ご活躍を期待しています。
ちいかめ
2019年11月03日 22:24

アルクノさん、いらっしゃいませ!^^

>学生時代好きな絵を描いて、文化祭で観てもらって、
>ヘタな解説をしていました。

アルクノさんのブログを拝見して、いつも何かまっすぐな、積極的な態度が感じられ、とてもすがすがしく感じています。
やりたいと思うことがスムーズに実現し、周辺の方たちに素直に伝わることができればとても素晴らしいですね。

市民ギャラリーは千葉県のJR駅周辺の繁華街などの目につきやすい場所にあり、芸術を好きな人なら誰でも行きやすい場所にあります。

作品発表を志す人でそれなりの力のある人なら誰でもチャンスとスペースが提供されているわけです。
定期的に個展や展示に参加することは同じジャンルに興味を持つ仲間を増やしつつ、その道のつてを広げrるチャンスにも、制作への励みや訓練ともなるものです

それらを楽しみつつ、自分の世界を広げてゆけたらと思います(^^)/



まだこもよ
2019年11月11日 04:57
無理しなくても いいんですよ!
ちいかめ
2019年11月12日 21:52
コモ様、ありがとうございます(-_-;)